All Our Services
Customizing For Your Business

アパレルブランドの成功を支援します。



コミュニケーションを重視したデザイン戦略で
新しい価値観のカスタマーバリューにアプローチします。

・アパレル特化型ブランディング

back

デジタルテクノロジーの進化。 サスティナブルな社会への意識。 多様性の広がり。 そしてコロナ禍。 ここ数年、人の価値観は大きく変化しました。 それと同時に市場も急速な変化を余儀なくされています。 そんな中、過去と同じことをやっていたら、売上は上がるはずはありません。 しかし、一見ピンチに見えるこの環境も、さまざまな戦略を見直すまたとない「チャンス」でもあるのです。 もし、デザインやブランド戦略など、さまざまな業務がうまく連携していないように感じたら、「ブランドコンセプト」の見直しを検討してみてはいかがでしょうか。 なぜそう思うかといえば、30年を超えるアパレルデザイナーとしてのキャリアの中で強く感じたことは、デザインがブレ始める原因の多くが、ブランドコンセプトに起因している…という現実があったからです。 「ブランドコンセプト」を考えるとき重要なことが2つあります。 ひとつは、”変えてはいけないこと”を絶対に変えないこと。 ブランドの根幹にある"魂"や他に真似できない個性は、どんな時代になろうと変えずに貫くことが重要です。 もうひとつは、”変えていいこと”は柔軟に変化させること。 市場や人の価値観が変化したら、時代の流れを丁寧に取り入れ、ブランドの個性を輝かせる方法に変えていくことが重要です。 この2つのポイントをしっかり押さえながらブランディングを行うことで、目の前の課題を解決し、市場で躍動するブランドに成長させることができるのです。

マテリカは、アパレルに特化したブランディングを提供します。 他業種の方程式に当てはめても、アパレルブランドが本当に欲しい答えを見つけるのには長い時間がかかります。 アパレルブランドの業務を細部まで知り尽くしているマテリカのブランディングは、今抱えている課題に対して最短距離で答えを出していきます。 そしてマテリカがリアルに体感してきた、70年代・80年代・90年代...などトレンドの流れや人の価値観の変化。 その大きな流れの中にある「今」を正確に捉え、完成した「ブランドコンセプト」にかぶせていくことで、ターゲットに刺さる商品開発につなげていくことができます。

「ブランディング」の多くは、外部に委託され、進められます。 全てではありませんが、その場合の多くはこんなプロセスで行われます。   ・コンサルタントが社内情報をヒアリング   ・マーケットに関するジェネラルな情報を収集   ・クライアントの企業特性にあった情報を整理   ・企業の強みを分析   ・ブランドコンセプト構築   ・ブランドブックを制作 ここで注意したいのは、外部の人によってすべての情報が分析され、まとめられていることです。 ヒアリング後、ブランドブックが完成するまでの間、大抵の場合そこにクライアント企業の判断が介在する余地がありません。 そして、外部からは捉えきれないクライアント企業の文化と、完成したブランドコンセプトとに乖離が生まれた結果、 ”使えない”「ブランドコンセプト」が出来上がってしまう…というわけです。 変化のチャンスを掴み取るためのブランディングをこのような残念な結果に終わらせないために、マテリカはアパレル企業に向けた「他人任せにしない」独自のブランディング支援を提供しています。

マテリカのブランディング支援は、2つのメソッドによって進められます。 ワークショップ型ブランディング ブランディングを担当者が「自分ごと」として捉えることができるように、ワークショップ形式のミーティングを通じてブランディングを進めていきます。 「自分ごと」と捉えるためには、プロセスを「見える化」することが何よりも大切です。 マテリカのブランディングは、担当者と一緒に手を動かして行う「ワークショップ型」です。 なぜこのような結論になったか? そのプロセスを把握することで、実務に活かせるブランドコンセプトを完成させることができます。 また、ブランディングには第三者の目が非常に重要です。 ブランディングのプロセスで最も重要なのが「他の追随を許さない強み」つまり「USP (Unique Selling Proposition)」を見つけること。 でも、自分のことは”ごく当たり前のこと”と感じられるので、自身の「強み」を認識するのはとても難しいことです。 そこでマテリカが第三者の目となり、自社のアーカイブの中からしか見つけることができない「USP」を最大限引き出しながら、  ・強みをどのように生かしていくか?   ・お客様へのサービスにどのようにつなげていくか? を一緒に考えていきます。 実務並走運用型ブランディング コンセプト作成にできる限り時間をかけずに「暫定ブランドコンセプト」を完成させます。 そして、実際に実務を走らせながらコンセプトの検証を行います。 なぜこのような方法を取るのか? 理由は2つあります。 ひとつには、どんな方向性のコンセプトなのかをできるだけ早いタイミングで経営陣に報告できる形にすることです。 お金を出したからには成果が気になるものです。 方向性を示してその時点でご確認いただくことで、次へのステップをスムーズにします。 もうひとつは、本当に成果が出るのか?…と言った不安をできるだけ早く払拭するためです。 実際に運用できるかどうかの検証を行い、”業務効率も売上も社員の皆さんのモチベーションも向上する”という、理想の結果に近づけられることを、経営陣と担当者にイメージしていただくことを目的としています。

・デザイン・商品開発

back

スポーツウェア・ユニフォームからカジュアルまで マテリカは、スポーツウェアやユニフォームの開発から、ハイファッションのものづくりまで、数多くのデザインに関わってきました。 今こうしたカテゴリの境界線はなくなりつつあり、機能性とファッション性がまさに融合しています。 どんなカテゴリであったとしても、マテリカがデザインに着手する前に必ず考えることに変わりはありません。それは、 “お客様が、どこで、何をするときに着用し、何を期待するウエアなのか?” ということです。 動きやすい、でもキレイに見える。 そんな、お客様にピンポイントで刺さる、着心地の良い服作りを、マテリカは目指しています。 製品クオリティを向上させたい。 顧客ベネフィットを取り入れたデザイン性で差別化したい。 デザイン・生産に関わる組織再構築を考えている。 このような課題を持つ企業に向けたコンサルティングも行っています。是非ご相談ください。 ※このサービスは、ブランドコンセプトが完成していることを前提としています。  コンセプトに不明瞭な点がある場合は、コンセプト見直し業務が別途必要となります。

インクルーシブデザイン “インクルーシブデザイン”とは、従来デザインプロセスから除外されてきた多様で少数派の人々を、デザインプロセスの上流から巻き込むデザイン手法です。 “インクルーシブデザイン”はマイノリティ(少数派)のためのデザインだけでなく、多くの人々の多様性に刺さるデザインとして魅力を発揮することができます。 完全に成熟した経済では、もはや平均的なユーザの声を聴くことだけで差別化できる商品を創造するのは困難です。 多様なライフスタイルにフォーカスしたデザインを提供することで、逆にブランドの個性を際立たせることができます。 マテリカは、ファッションができるインクルーシブデザインプロジェクトを、スタイリストとのユニットで進行中です。

・シーズン戦略

back

シーズン戦略と打ち手 マテリカが考えるシーズンディレクションは、トレンド情報を集めてキレイな写真を貼り付けたマップ…ではありません。 そのシーズンにどんな戦略で、どんな打ち手でビジネスを行うのか? その答えこそが、マテリカが考えるシーズンディレクションです。 ブランドの昨年実績から洗い出した課題と、マーケット動向と消費者心理などを掛け合わせ、そのシーズンに最も効果的に売上を狙える戦略を立てる。 このプロセスを、社内の皆さんと一緒に考え、パワフルなシーズン戦略を導き出していきます。 ※ブランドコンセプトが完成している前提でのサービスです。  コンセプトに不明瞭な点がある場合は、コンセプト見直し業務が別途必要となります。

・サスティナブル戦略

back

ブランドの個性に合わせたサスティナブル戦略 「サスティナブル」「SDGs」といった言葉が頻繁に聞かれるようになりました。 金融機関や投資の動きも、その方向性が明確に示されています。 とはいえ、「サスティナブル」とひと言で言っても、話題性が高いからと言ってそのブランドに必要な手段であるとは限りませんし、ブランド特性やターゲットによって取り組むべき課題は異なります。 マテリカのサスティナブル戦略は、事業方針を転換することなく、ブランドの強みとターゲットニーズにフィットしたサスティナブル戦略を提案します。 そして、社員の皆さんとディスカッションしながら、アクションプランへと落とし込んでいきます。 ※このサービスは、ブランドコンセプトが完成していることを前提としています。  コンセプトに不明瞭な点がある場合は、コンセプト見直し業務が別途必要となります。

・ワークショップ型セミナー

back

ワークショップ型セミナー マテリカは、主にブランディングに関するセミナーを行なっています。 ブランディングやマーケティングには、難解な用語や理解しにくい印象があるかもしれません。 しかし、用語を正確に理解するより、概念を理解することが重要です。 その概念は、すぐにでも業務に活用することができます。 マテリカのセミナーは、情報を一方的に投げる「1対多」のセミナーではなく、ポストイットを活用したワークショップ形式で行います。 自分で手を動かすことで、耳からだけでなく目や手から入ってくる情報が加わり、同じ時間を費やした「1対多」セミナーと比較すると、習得レベルが格段に向上します。 1回だけのトライアルセミナーもご活用いただけますが、5〜10回のクールで行うセミナーでは、回を追うごとに受講生の目の輝きが変わっていくのを実感することができます。 全ては企業内のスキルアップと売上向上のために。 マテリカはクライアントの状況に合わせて内容をカスタマイズしながら、目的に向かって共に前進していきます。

・商品プロデュース

back

伝統を未来へ 100年続く技術。伝統的に受け継がれた手法。 こうした価値ある財産を持った工房が日本中にたくさんあります。 マテリカは、伝統的な手法を今にアップデートした商品のプロデュースを行なっています。 商品プロデュースのために最初に必要なこと。 これもまた、ブランディングです。 100年以上受け継がれているのは、その手法や技術に価値があるから。 まずその強みと特徴を徹底的に分解し、今の暮らしに笑顔をもたらすための表現を探り、 ニーズに刺さる商品へと変化させていきます。 特に地域文化の象徴になっている技法は、地方創生の起爆剤となる可能性を秘めているため、行政の取り組みの一環としてのプロジェクト化するケースが多く見られます。 そんな資産をお持ちの地域の皆さん。是非お気軽にご相談ください。

・契約までの流れ

back

お問合せからご契約までは以下のような流れで進めて参ります。

まずはお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせは こちら から