作者

Sumiko Ikemi

日付

2021-10-01

カテゴリー

デザイン

タグ

デザイン

デザインはお客様の心を一瞬で掴むパワフルなビジネスツールとして急速に重要度を増しています。ではデザインとは何でしょう?



「デザイン」には2つの意味がある

「デザイン」とは、
ある「目的」ためのアイディアを
①プロジェクトとして設計すること
そしてそれを
②目に見える形にすること
この一連の流れを「デザイン」といいます。
しかし今「デザイン」という言葉が、主に「形にすること」の部分だけが切り取られて使われているように思われます。

そもそも「デザイン」の語源は、ラテン語で「計画を記号に表す・設計する」という意味の「designare」。
このことからも、色・柄など、表面をデコレーションすることだけが「デザイン」ではない事がわかります。




というわけで、デザインには2つの意味があるということをまず認識する必要があります。
そしてこのサイトではこれら2つの意味を

「設計としてのデザイン」
「表現としてのデザイン」

と呼ぶことにしましょう。




①「設計としてのデザイン」

語源にもなっている「設計する」という役割は、「コンセプト」と言い換えることができます。

・企業コンセプト
・ブランドコンセプト
・シーズンコンセプト  などなど

「デザイン」を描く前にビジネスを、ブランド全体を「設計する」ことが何より必要で、そのプロセスが、①「設計としてのデザイン」と理解してください。

「コンセプト」については、また別のブログで詳しくお話ししていきます。


②「表現としてのデザイン」
そして、一般的に身近で使われている「デザイン」、つまり②「表現としてのデザイン」は、

・商品デザイン
・ロゴデザイン
・ウェブデザイン
・ショップデザイン

などのビジュアル表現がそれにあたります。
これら「表現としてのデザイン」は、お客様のタッチポイント、接点に存在するもので、企業やブランドとお客様をつなぐ重要な役割を持っているのです。





デザインとアートの違い

ビジュアル表現の中にある「デザイン」と「アート」。
混同される方も少なくありませんが、ここには明確な違いがあります。

「アート」は、完成した作品そのものがゴールです。
それを見た第三者の心に刺さり、「主観的に良いと思うかどうか」がその「アート」を評価する視点になります。

「デザイン」も見るひとの心に刺さることは大切ですが、「デザイン」そのものはゴールではありません。
前に述べたように、「設計としてのデザイン」、つまり「コンセプト」を表現したものが「デザイン」です。
「デザイン」はビジネスのために作られるビジュアル表現なのですから、ビジネスの成功に貢献しない「デザイン」は、「良いデザイン」とは言えません。




ビジネスの目的は、”お客様を笑顔にする”こと。
だから、「デザイン」にも”お客様を笑顔にする”という目的があるのです。

目的のないビジュアル表現を「デザイン」とは呼びません。
隣のショップで売れている「デザイン」をそのままコピーすることは、目先の売上には多少貢献するかもしれませんが、真の意味でビジネスの目的に貢献しているかどうかは疑問です。

「デザイン」をパワフルなビジネスツールとして活用するために、「コンセプト」に基づいた「デザイン」をしっかり組み立てていくことが重要です。

「デザイン」という言葉を聞いて苦手意識を持つ方も少なくないと思いますが、論理的に考えれば、怖いことはひとつもありません。

「デザイン」という概念をひとつひとつ正確に理解して、コントロールすることができるようにしていきましょう。





まとめ

・「デザイン」には2つの意味がある。
   ① 「設計としてのデザイン」
   ② 「表現としてのデザイン」

・「デザイン」には目的がある。
 ”お客様を笑顔にする”というビジネスの目的は「デザイン」の目的でもある。

・「デザイン」は論理的に考えれば怖くない




***


もっと詳しく知りたい方はお問い合わせください。
ご質問・お問い合わせは こちらこちら から。


★電子書籍も是非。
 →デザインを制す者はビジネスを制す! 先が見えない不安な時代を生き抜くために・今知っておきたい『売れるデザイン』の作り方