作者

Sumiko Ikemi

日付

2015/08/14

カテゴリー

ブランド立上げ

タグ

ブランディング

アパレルブランドを立ち上げるとき、回り道をしなくてすむような手順とコツをご紹介したい。 これらを理解し、ポイントをしっかり押さえれば、アパレルだけでなく、あらゆる分野のブランドビジネスにも当てはめることができる。




アパレルブランドの再構築が求められている。

今ほど閉塞感に苦しめられているアパレル市場は過去に類を見ないが、この混沌とした状況は、アパレル市場が生まれ変わる大きなチャンスでもある。

そんな中、新規ブランドの立ち上げや、ブランドリニューアルの動きがあるが、同質化が進んだアパレル市場において、ブランドがブランドとして認知されるのは簡単なことではない。
このチャンスを最大限生かすため、アパレルブランドを立ち上げるときに知っておきたいことをまとめてみた。



アパレルブランドを立ち上げるとき 最初にはまる落とし穴

あなたなら、最初に何をイメージするだろう?
-どんなアイテムを作る?
-どんなテイストの服に仕上げる?
-どんなルートで販売する?
-どんなお店を作る?
-どこの工場で生産する?

いろんなアイディアが浮かんでくるし、考えるだけでワクワクする。


しかし。これらの内容はすべて、優先順位の低いものばかりだ。
逆に言えば、もっと前に決めておかなければならない内容によって、
1からやり直ししなければならないことすらある。


後々、こんな回り道をしなくてすむように、アパレルブランドを立ち上げるときに行う手順とコツをご紹介したい。
これらを理解し、ポイントをしっかり押さえれば、アパレルだけでなく、あらゆる分野のブランドビジネスにも当てはめることができる。

意外にも、これらがきちんと理解されて、オペレーションが行われている企業は多くない。
時間と人的エネルギー、さらには多額の経費を無駄遣いすることのないように、以下の項目にそって進めていこう。