blog

2015/05/07

[差別化] 二子玉川に行ってきた!

クリエイティブディレクターの池見です。

新しさが満載でした!

 

 

***

 

 

二子玉川に新しい館(やかた)がオープン。

「二子玉川 RISE ショッピングセンター」に行ってきました。

休日だった事もあり、家族連れを中心に多くの人でにぎわっていました。

 

アパレルのショップがたくさん入った建物には

人気のブランドアイコンがずらり。

 

その他、シネコンや飲食の店も多くあり、

さわやかな空気を感じながら一日過ごせる新しい「街」が出来上がっていました。

 

 

この見切れないほどショップがたくさん入った大きな館(やかた)の中で

びっくりするほど人が集まっていたところをピックアップしてみました。

 

dff-logo

 

・DIY FACTORY

 

一歩店内に入るとたくさんの人。

さまざまな工具や材料が並んだDIYショップでした。

ホームセンターに並ぶ商品とは少し雰囲気の異なる「小洒落た」アイテムも多数。

子供用の作業用グローブはカラフルでかわいくて、見ているだけでもワクワクします。

 

面白い商品を発見。

 

細長いヘラのような形にカットされた、荒削りな角材が箱に入って売られていました。

隣にシンプルなカッターナイフが。

 

よく見るとその木材は、バターナイフを作るために粗裁ち(?)されたパーツ。

そこから先は購入者がカッターナイフで好きなシェイプに仕上げるというもの。

ペインティングやデコもお好み次第。

 

つまり、

「途中まで作っておいたから、あとは好きなように仕上げてね!」

という感じ。

なるほど。お手軽DIYツール!

 

 

さまざまなワークショップも行われていました。

 

・木の椅子を作るワークショップ

数組の若い男女がスタッフの説明に聞き入っていました。

 

・レザーの小銭入れにイニシャルを刻すワークショップ

誰かへのプレゼント?

子供が場所や角度を決めるのに悩むこと数十分。

練習用のレザーで何度も練習するかわいらしい姿も。

 

 

人は何に引寄せられているのか?

 

売り場がまるでおもちゃ箱のよう。

カラフルな工具箱やインポートのツールが並んだ様子は見るだけでも楽しい。

 

では、なぜそれを見て人はワクワクするのか?

 

それは、

自らの手でモノを作るという

楽しい時間をイメージできるから。

 

子供と一緒に?

彼女と?

 

そこに流れる時間と、モノを作るという新たな経験。

 

そんな楽しいコトを探しに

人は集まってくるのだと思います。

 

 

モノを手に入れることだけでワクワクする時代は

遥か昔に終わっています。

 

モノを手にすることで

 

人とのつながりや

楽しい時間を持つことに

 

人はワクワクし、

心を動かし、

 

そしてお財布の口を開くのです。

 

 

あなたのブランドの服を買ったお客様が

誰と、どんな時間を過ごし、

どんなワクワク感を感じるか?

 

そんなシーンをイメージさせてあげる手法を

考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

他にも新しいコンセプトが提案されたショップがいくつかありました。

追ってまたレポートします。

 

 

■お問い合わせはこちらから → 「お問い合わせ」

 

 

マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
サービスメニュー
サービスメニュー
サービスメニュー
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた事例
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
メンバープロフィール
メンバープロフィール
メンバープロフィール
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
ワークショップ型コンサルティング
オリジナルアート
オリジナルアート
Japonythmオリジナルアート
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
会社概要
会社概要
会社概要