blog

2015/09/09

商品化のスキルに悩むなら!企画会社にデザインサポート業務を委託する

業務委託先とうまく付き合うには、

自社に必要な依頼内容明確にすることが必要だ。

 

 

それを見つけるにはまず、

社内にどんなスキル不足しているかを把握しよう。

 

 

何ができていて、何ができていないか。

できていないところに必要なスキルは何か?

状況を細かく分解して、一度冷静に解析してみよう。

 

 

次にあげるのは、あるブランドの状況を示した1例だ。

 

もしあなたのブランドに、この事例に似ているところが見つかったら、

企画会社に業務を委託することによって現状を打破することは可能だ。

 

 

デザイン

 

 

 

▪︎差別化した商品を展開したい!

 商品化のスキル不足に悩んでいるブランドAの場合:

 

マーケットニーズの多様化に合わせて、新しいブランドの立ち上げが決まった。

ターゲット像はすでに明確になっている。

販売戦略やプロモーションプランもさまざまな提案の中から絞り込まれてきた。

作りたい商品のイメージも完成している。

独自のシルエットで着心地をアピールしたい。

ステッチの太さや付属のイメージがつくる服の表情も大切にしたい。

イメージ通りの商品が店頭に並べば、

今のマーケットで勝てるブランドにする自信がある。

無駄な時間をかけずに完成度の高いサンプルを作って、

いち早くマーケットでテストしたいと考えている。

しかし、社内には具体的に商品に落とし込むスキルが不足している。

生産をお願いしている商社に指示するにしても、

素材感とシルエットのバランスを理解して、

付属や縫製の組合せを具体的に説明するなど、

細部まで的確に伝えられるスタッフがいない。

ここを補填するスキルを必要としている。

 

 

▪︎業務委託内容:『デザインサポート業務』

 

完成度の高い製品を完成させるためのサポート業務。

デザインイメージをデザイン画に落とし込む。

仕上げたい商品のクオリティを読んで、適切な付属や仕様、シルエットを提案し、

パターンと仕様書に落とし込む。

サンプルチェック、修正を経て、

最終スペック決定後、スムーズに量産に移行するための書類を完成させる。

 

 

デザイン画作成

デザイン画
イラストレータでのデザイン画を作成。

デザインイメージをビジュアル化して、細部まで具現化する。

カラー展開を含めた全体像を一覧にすることで、

関係者の共通認識を持つことができる。

※MDマップ*の作成・更新サポート付き

デザイン画は仕様書用データとしても転用可能。

(納品形態:データ)

 

*MDマップについては以下のブログを参照

「アパレル企画には絶対必要!デザインする前に作っておきたい3つのマップ」

 

 

付属提案

付属
数ある付属の中から、イメージと目的にあった形状・質感の付属を選定する。

(納品形態:仕様書・工場指示書への記載)

 

 

パターンメイク

パターン
ターゲットのニーズに合わせた独自のシルエットをつくる。

一度完成したパターンはデータとして保管され、

次シーズン以降原型として使用することができる

(納品形態:データまたはペーパー出力)

 

 

 

仕様書・工場指示書作成

仕様書
ブランドで使用しているフォーマットをベースにすべての情報を書類に落とし込む。

(納品形態:データ =Microsoft Excel・Adobe Illustratorなど)

 

 

サンプルチェック・修正作業

サンプルチェック
完成したサンプルを検寸し、サンプル検討にかける。

打ち合わせで修正になった内容をまとめ、パターンと指示書に反映させる。

(納品形態:仕様書・工場指示書への記載 / 修正パターンデータまたはペーパー出力)

 

 

 

最終スペック決定(サイズ展開など)

チェックシート
OKとなったサンプルをベースに、サイズ展開、カラー展開の詳細をまとめて、

量産工場(商社)へ引き渡す。

(納品形態:仕様書・工場指示書データ / 修正パターンデータまたはペーパー出力)

 

 

 

企画会社が必要とする情報:

  • ブランドコンセプト
  • ターゲット
  • シーズンテーマ
  • 展開カラー
  • MD構成
  • デザインイメージ
  • スケジュール

 

 

これで、イメージ通りの商品ができあがり、マーケットに出してテストできる。

 

ここで完成したパターンなどのデータはブランドの資産として積み上がっていく。

 

たとえ工場が変わっても、すでに作ったデータをもとに、

 

素材やデザインの変化に合わせて調整すれば、

 

良い着心地を維持したまま、毎シーズン商品を展開できる。

 

 

 

また、作成された書類や資料はすべてブランドの書棚にファイルされる。

 

もし方向性に見直しが必要になっても、何か問題が起こっても、

 

すべての資料が手元にあるため、クイックな対応ができるのだ。

 

 

内部の育成も大切です。

企画会社との二人三脚という方法はいかがでしょう。

マテリカの

「アパレル企画基本メソッド」デザイン作成プラン

をご利用ください。

詳しくはこちらから↓。

デザインメソッド

 

 

 

お問い合わせはこちらから↓

お問い合わせフォームへ

 

***

 

Youtubeチャンネル始めました。

デザインをパワフルなビジネスツールに変えるための様々なことを解説しています。

http://www.youtube.com/channel/UCPyWSnaw5ERpjtmBcNXIZeA

 

 

 

 

 

マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
サービスメニュー
サービスメニュー
サービスメニュー
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた事例
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
メンバープロフィール
メンバープロフィール
メンバープロフィール
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
ワークショップ型コンサルティング
オリジナルアート
オリジナルアート
Japonythmオリジナルアート
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
会社概要
会社概要
会社概要