blog

2019/01/15

[ブランディング] ブランドの魅力と価値

ブランドのあり方が問われる昨今、ブランドの魅力と価値は何で決まるのか?

ブランド

 

前にもお伝えしたことですが

今やビジネスの全ては「ブランドビジネス」といっても良い。

なぜなら、ユーザーが単体の商品のファンになることは

その商品にブランド価値を感じていると言えるからです。

 

過去には

「ブランド=はるか雲の上の憧れ」という存在だった時代もありました。

でも今はそればかりではない。

ユーザーはもっと本質的な価値を「ブランド」として捉える傾向にあります。

 

ではユーザーはブランドのどこを見て

「価値がある!」「魅力的だ!」と感じるのでしょう。

 

ユーザーは

自分のことをどれだけ真剣に考えてくれているか?

そこを見ています。

 

ブランドは

ユーザーのニーズを「熱量」を持ってとことん掘り下げ

その答えを具現化し、商品・サービスに落とし込み、提供し続ける。

そして一歩先にある新しいワクワクした世界を見せてあげる。

これが今のブランドの役割。

「そこまで考えてくれているんだ。」

と思われることがブランド価値をつくること。

 

 

ポイントは続けること。

一過性ではなく、半永久的にやり続けること。

下がることのない高い「熱量」をガンガン出し続ける。

簡単ではないし  効率性とはほど遠いけれど

ユーザーがブランドに求めることは まさにこのことなのです。

 

やるべきことは、バイヤーの顔色を見ることではなく

ユーザーが何を求めているかに徹底的に向き合うこと。

 

これが

魅力的な価値ある「ブランド」であり続ける秘訣です。

 

タイバーシティ(多様性)の時代。

ユーザーのどの部分に向き合うか?

あなたは見えていますか?

 

お問い合わせはこちらから↓

お問い合わせフォームへ

 

多様化するユーザーの価値観について考えるなら

「アパレル企画基本メソッド・支援プログラム」が最適です。

「アパレル企画基本メソッド・支援プログラム」は

「自分でできるブランディング」を始め、

時代にあったコンセプトづくりを身につけるワークショップ型の実践セミナーです。

ご要望に応じて様々な形にカスタマイズできるこの研修プログラムをぜひご検討ください。

ブランディング

 

お問い合わせはこちらから↓

お問い合わせフォームへ

 

 

 

マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
サービスメニュー
サービスメニュー
サービスメニュー
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた事例
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
メンバープロフィール
メンバープロフィール
メンバープロフィール
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
ワークショップ型コンサルティング
オリジナルアート
オリジナルアート
Japonythmオリジナルアート
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
会社概要
会社概要
会社概要