blog

2019/10/25

[ブランディング] SDGsって知ってる?

SDGs

 

月2回の研修のために訪れている沖縄県那覇市。

タイミングよくSDGsのカードゲームのイベントにお誘いいただき、参加してきました。

 

そもそもSDGsって知ってる?

Sustainable Development Goalsの略で、「持続可能な開発目標」と訳されます。

「2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。」

(外務省ホームページより

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

ということ。

 

今ファッション業界でもやっと声高に発信されるようになった「サスティナビリティ」。

「持続可能な社会を作ろう!」というこのメッセージは、

地球環境の破壊に歯止めをかけ、人間が常に平等であり続け、

100年先も人類が地球環境と共存していけるようにしよう!ということを意味していて、

SDGsはそれをわかりやすく全世界に発信したものです。

SDGs

こんなバッチを胸に誇らしげにつけているスーツ姿の方を見かけることも多くなりましたね。

 

サスティナビリティについてもSDGsについても、

いろんな機会に理解を深めてきたとマテリカは自負しておりましたが…。

このSDGsのカードゲームをやってみて感じました。

この取り組みを実現させることが如何に重要で、如何に難しいかを。

 

まず考えるのは自分のこと。

自分に余裕ができて初めて周りのことを気にすることができる。

社会のために自分が貢献できることを考えるのは、さらにその後…。

 

ゲームの中では、ちゃんと目標を達成して、ゲームをクリアすることに集中するため、

この現象がより顕著に出たのでしょうが、これは日常の縮図のようにも思えました。

 

毎日の食事の心配をしなければならない環境で、

オゾン層破壊のことを考えろといっても難しいかもしれない。

電気代が払えるかどうかギリギリの生活では、

風力発電だろうが火力発電だろうが、

それどころではないかもしれない。

 

世界中の人々が平等にこの課題について考えられるような

「環境」を作ること。

それが真っ先に目指すべき姿なのだろうと感じました。

 

一方でこのSDGs、ビジネスチャンスの宝庫であることも忘れてはいけません。

プロダクトアウト、マーケットインの時代を経て、価格競争に苦しんでいる今、

SDGsが示す目標を理解し、それを解決するアイディアを具現化することで、

新しい商品・サービスを産み出すことができるのです。

変化の時代を生き残るために、SDGsについて知識を深めてみてはいかがでしょうか。

 

***

 

SDGsについてもっと知りたいと思った方、公認ファシリテーターをご紹介できますので、

いつでもご連絡ください。

少しでも多くの人、多くの企業が、今の環境と未来のあり方に関心を向け、

「持続可能な社会」を目指すことを一緒に考えていければと思っています。

 

お問い合わせはこちらから↓。

お問い合わせフォームへ

 

 

マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
サービスメニュー
サービスメニュー
サービスメニュー
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた事例
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
メンバープロフィール
メンバープロフィール
メンバープロフィール
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
会社概要
会社概要
会社概要