blog

2019/01/10

[ブランディング] ニーズの多様化という時代

ニーズの多様化は止まりません。

今まで以上に加速していく市場の変化。その対応策とは?

 

デザイン

 

6月にスタートした沖縄県衣類縫製品工業組合の研修プログラム。

今の時代のニーズに対応したブランディングスキルを身につけるワークショップセミナーを月2回那覇市内で行っています。

沖縄の縫製業を営む企業経営者や伝統工芸の作家さんたちが参加され、昨日1月9日はその12回目。

一連のメニューのうち、最も重要なプロセスを学ぶ「アパレルデザイン基礎講座」が終了しました。

 

「商品を企画する」ということは、デザイン画を描いて、素材を選んで…という実務以前に

やらなければならない重要なことがあります。

それがブランディングを核としたコンセプトづくり。

この研修で受講者の皆さんは、今のニーズにあったコンセプト作りの全てを身につけることに成功しました。

 

 

アパレル企画基本メソッド

 

2019年以降、すでに始まっている「ニーズの多様化」は猛チャージで加速していきます。

これは誰もが否定できない事実。

そしてアパレル業界全体が抱えている深刻な問題。

過去の方程式が当てはまない時代に、どうやって市場の変化に対応すれば良いのか?

それは、過去の手法ではなく、今のニーズにあったブランディングを行うこと。

 

それを身につけた沖縄の受講生さんたちは

今や業界全体の問題解決できる数少ない人達です。

 

ブランディング? コンセプト? なにそれ?

という空気感から始まったこの研修。

ここまで進化した受講生の皆さんを誇りに思うとともに

さまざまな内容を伝えることができたことに喜びを感じています。

 

あとは、受講生さんたちが身につけたスキルを実際のビジネスに生かし販路拡大・売上アップを実現するのを待つばかり。

楽しみです。

 

このあと沖縄での研修は

実務上のもう一つの課題「コミュニケーション」について

4回にわたって進めていきます。

 

3月終了予定のこの研修。

大きな成果が見えつつあります。

 

お問い合わせはこちらから↓

お問い合わせフォームへ

 

 

※この研修は マテリカが展開する「アパレル企画支援プログラム」に沿った内容で行なっています。

「アパレル企画支援プログラム」とは、

「自分でできるブランディング」を中心に、

知っておきたいアパレル企画のメソッドを身につける

社内の資産としてのスキル構築を目指すワークショップ型の研修プログラムです。

ニーズによって期間や内容はカスタマイズできます。

是非一度お問い合わせください。

 

お問い合わせフォームへ

 

 

 

 

 

マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
サービスと料金
サービスと料金
サービスと料金
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた事例
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
メンバープロフィール
メンバープロフィール
メンバープロフィール
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
会社概要
会社概要
会社概要