blog

2019/01/08

[ブランディング] 2019年最初にやるべきこと

2019年最初にやるべきこと。それはブランディンング

わかりやすく言えばブランドコンセプトの見直しです。

それも、業者に頼まず、自社でやる

 

なぜブランドの見直しが必要なのか?

それは、消費者のニーズが多様化し続けるから。

言い換えれば、ターゲットの「どストライクゾーン」がどんどん小さくなり続けていく。

ブランドはその小さくなり続ける「的(ターゲット)」に、

ビシッと当て続けなければならない。

だからブランディングが必要なのです。

 

ターゲット

 

そして、それができるのは、ブランドを愛し、ブランドに長く関わっている

自社のメンバーだけ。

どこかよそのコンサルティング会社が入っても、決して答えは出ない。

だから自社でやる

 

ニーズが多様化している理由は、情報量の多さとスピード。

世界中から当たり前のように目の前に集まってくる情報があれば

個々が感じる価値観は多岐にわたる。

こんなのがあってもいい!と自信を持って言えるようになる。

だから求める商品も多岐にわたる。

 

PCスマホガラケー

 

ブランディングも時間をかけてはいられない。

だから外注せずに自社でやる

 

これがこれからの時代のブランディングの考え方です。

 

マテリカは、

2016年にスタートした「アパレル企画支援プログラム」を

2019年版としてリニューアルします。

新しい時代の消費者ニーズに刺さる商品開発を実現する

スキル定着を目指していきますのでどうぞご期待ください。

 

お問い合わせはこちらから↓

お問い合わせフォームへ

 

 

「アパレル企画支援プログラム」とは

「自分でできるブランディング」など

知っておきたいアパレル企画のメソッドを身につける

社内の資産としてのスキル構築を目指す

ワークショップ型の研修プログラムです。

現在、沖縄県衣類縫製品工業組合から依頼を受け

9ヶ月に渡るプログラムを実施しています。

ニーズによって期間や内容はカスタマイズできるプログラムです。

是非一度お問い合わせください。

 

お問い合わせフォームへ

マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
サービスと料金
サービスと料金
サービスと料金
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた事例
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
メンバープロフィール
メンバープロフィール
メンバープロフィール
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
会社概要
会社概要
会社概要