blog

2015/06/22

[デザイン・マーケティング] 何をしてもダメなとき…

クリエイティブディレクターの池見です。

何をやってもダメな気がするとき…あなたはまず何をしますか?

 

 

***

 

 

先日、商社さんの展示会に行ってきました。

ここの展示会はいつも人気で、

商談スペースはバイヤーやデザイナーたちで埋め尽くされています。

今回はいつもに増してにぎわっているように思いました。

 

「みんな迷ってるんでしょうね…。」

 

おつきあいのある部長からこんな言葉が。

・店頭でモノが動かない

・流通在庫が滞留している

・売れ筋がつかめない

そんな言葉ばかりが聞こえてくると、

何をやってもダメなんじゃないか…

とすら思えてしまいます。

 

だから、

 

何でもいいから前に進めそうなネタが欲しい!

 

そんな気持ちでいろんな場所に足を運びます。

 

 

その気持ちはよくわかる!

 

でも、ネタはあくまでネタ。

それがあなたのブランドに魔法をかけてくれる訳ではありません。

 

最初にすることは、足下をみること。

ブランドが存在する理由は何か?

ターゲットとなるお客様に何をしてあげることがブランドの役割なのか?

そこをもう一回ちゃんと「ハラに落す」こと。

 

 

そのつぎに、「トレンド」について考える。

前にも話したけれど、ここで言う「トレンド」とは、

トレンド情報に書かれているような、

「何色が流行るか」とか、

「どんなデザインが売れるか」とかいう、

「シーズントレンド」ではない。

 

どんな表現が今のお客様のハートに刺さるか?

 

つまり、『時流』ということ。

 

時代の流れがどう動いていて、

その流れの中にいる人がどんな風にモノの価値をとらえ、受け取っているか。

大きなウネリのようなもの。

 

そんな中で、ターゲットとなるお客様がどんな気持ちでいて、

どんなモノを、どんなサービスを欲しいと思い、

何にお金を払おうと思うのか。

 

 

デザインだけじゃない。

その周辺のサービスやプロモーションを含めて、

ターゲットのハートにまっすぐに発信すること。

 

 

立ち位置しっかり決めると、

意外と簡単に視界が開けてくるのでは…?

 

 

 

マテリカの新しいサービス

「アパレル企画基本メソッド」

をご利用ください。

 

title3

 

 

 

お問い合わせはこちらから↓

お問い合わせフォームへ

 

 

 

マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
サービスメニュー
サービスメニュー
サービスメニュー
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた事例
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
メンバープロフィール
メンバープロフィール
メンバープロフィール
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
ワークショップ型コンサルティング
オリジナルアート
オリジナルアート
Japonythmオリジナルアート
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
会社概要
会社概要
会社概要