blog

2014/10/20

[アパレル・企画] ココロを動かす仕事

クリエイティブディレクターの池見です。

まだまだ書きます。『個性』の話。

 

***

 

「印象に残らない料理を出すより、印象に残る料理を出したい。」

…といっていたのは、料理人の高澤義明さん。

 

外国人の客に馬刺を出す。

 

手を付けない人もいる。

でも、きっと国に帰ったら「こんな物出された!」と人に話すだろう。

それは、つまり印象に残ったということ。

 

個性のないものは印象に残らない。

印象に残る、つまりココロが動いたってこと。

『ココロを動かす』仕事をしたい!

そんなメッセージを感じました。

 

これ、またまた夕べのテレビでみたお話です。

…って、またテレビか?!

 

でも考えてみて下さい。

 

テレビの中で見つけたポイントから、何回かお話してきましたが、

地上波で放送される内容の中で、

これだけ『個性』にスボットがあたっているんです。

 

地上波は大金を投じてまで、

たいして注目されない内容を取り上げたりは絶対しません。

そこはとってもシビアなフィルタにかかっているはず。

 

要するに、世の中で『個性』が注目されているって証拠。

『個性』が表現されているモノやコトが、

今求められていることなんだよ!って、

メディアが言っているんです。

 

そんな中、このような内容でアパレルの話が出てきた記憶が

あまりないように思いませんか?

私の記憶にあるのは、

「ISSEY」のデザイナーになった高橋悠介さんくらいでしょうか。

 

本来なら、アパレルの世界は『個性』の固まりなはず。

 

強いメッセージ性のある『個性』あるブランドが、ショップが、

『ココロを動かす』モノたちが、

街にたくさん並んでいて欲しい!

 

アパレルの世界では、

『ココロを動かす』仕事が絶対にできるはず!

 

モノづくりに関わる皆さん。

がんばりましょう!!

 

 

 

■お問い合わせはこちらから → 「お問い合わせ」

 

 

マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
サービスメニュー
サービスメニュー
サービスメニュー
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた事例
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
メンバープロフィール
メンバープロフィール
メンバープロフィール
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
ワークショップ型コンサルティング
オリジナルアート
オリジナルアート
Japonythmオリジナルアート
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
会社概要
会社概要
会社概要