blog

2014/10/14

[アパレル・企画] 『機能素材』

クリエイティブディレクターの池見です。

職業柄、20年以上「機能素材」を扱ってきましたが、

実生活でもその機能性を満喫しています。

 

***

 

ツーリングに行ってきました。

秋も深まりつつあり

バイカーにとってはたまらない気節です。

 

monster

 

行き先は、野沢温泉。

何を着て行こうかなぁ…という時点でココロここにあらず。

 

オートバイの場合収納スペースがほとんどないので、

持ち物はあらゆる工程の気象状況に対応できるものを、

如何にコンパクトにまとめるかがポイントです。

 

まずは気温。

このところ東京は22~23℃と涼しい日が続いていたのですが、

この日の最高気温の予報は、

まさかの27℃!

で、現地はというと、

最低気温10℃…。

そこに、高速走行時に受ける風の強さと、

途中で降るかもしれない雨という要素をを足し算。

 

一番外側には、防水加工したレイン用ウィンドブレーカー。

ファスナーの開閉で風を調整できるし、

雨にも対応できるのでGood itemです。

 

一番肌側には、吸水性と発熱効果のある素材のTシャツ。

季節がら、寒いより暑い方がカラダが受けるダメージははるかに低いから、

迷わずこのアイテムをチョイスしました。

 

問題は、Tシャツとウィンドブレーカーの間に何を着るか。

いわゆるミドルレイヤーと呼ばれるアイテム。

ポイントは、外気との断熱効果をどの程度強化するか、

また、それを如何に調節できるようにするか…です。

いろいろ悩んだ結果、

夏用のメッシュブルゾンを着て、

ダウンを小さくまるめて持って行くことにしました。

 

結果的に、

途中で雨がぱらついたときにはレインが大活躍、

現地での肌寒さと少し冷たい風からはダウンが守ってくれました。

山の上とは打って変わって

標高が低くなると急に気温があがりましたが、

メッシュのブルゾンから入ってくる風で

快適に乗れました。

 

見回してみると、

どれもこれも機能素材。

 

このような変化の激しい条件でのアクティビティで、

機能素材が快適性を作り出してはくれるのですが、

どんなときでもコットン100%のTシャツは

必ず1枚バッグの中に入れていきます。

 

いくら道中こんな感じでも、

温泉に入った後は、コットンの肌触りが一番!。

そのときのため1枚です。

 

このように、

オンとオフ、目的とシーンによって必要な素材は大きく変化します。

 

がっつり耐水圧30,000mmか、

軽さで勝負の耐久撥水か。

 

ポリエステル100%の吸水素材か、

はたまた、レーヨン混T/Cベア天か…。

 

などなど。

 

目的やシーンなど実際のアクティビティが定まっていれば

素材の種類も機能レベルも

自ずと決まってきますね。

 

あくまで主役は「人」。

さまざまな目的やシーンで「人」を快適にさせるウエアの構成を

考えていきたいですね。

 

 

 

■お問い合わせはこちらから → 「お問い合わせ」

 

 

マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
サービスメニュー
サービスメニュー
サービスメニュー
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた事例
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
メンバープロフィール
メンバープロフィール
メンバープロフィール
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
ワークショップ型コンサルティング
オリジナルアート
オリジナルアート
Japonythmオリジナルアート
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
会社概要
会社概要
会社概要