blog

2015/04/13

[アパレル・マーケティング] 心に『刺さる』

クリエイティブディレクターの池見です。

心に『刺さる』…ってどんな感じ?

 

 

***

 

 

暖かくなったり、また寒くなったり…。

寒暖の差が激しい今日この頃。

前売りも気になるところですが、

くれぐれも体調など崩されませんように。

 

 

さて、常々このブログでは、

 

心に『刺さる』ような鋭い「メッセージ」が必要だ!

 

と言い続けてきました。

 

 

つまり、

ターゲットとしたお客様の目を釘付けにするような、

「買わなくちゃ!」と思わせるような、

そんな「メッセージ」。

 

ここで言う「メッセージ」は、

言葉だけに限りません。

 

素材感にも、シルエットにも、

もちろん店頭のVPにも、

その「メッセージ」を込める。

 

それらが醸し出す空気感こそが

「メッセージ」です。

 

 

先日、あるクライアントさんから質問されました。

 

心に『刺さる』って、感覚的にどういう感じですか?

 

なるほど!

そこが腹落ちしていないと、行動できないですよね。

 

 

心に『刺さる』とは、

 

「どれだけ本気か?!」が伝わること。

 

じゃないでしょうか。

 

「本気であなたのために作りました!」

ということを感じてもらうこと。

 

それが「心に『刺さる』こと」です。

 

 

本気で考えるには、

ターゲットのライフスタイル、必要なオケージョン、時間のリズム、趣味趣向などを

絞り込めるだけ絞り込むことが大切です。

 

インプットもアウトプットも、

絞り込めば絞り込むほど鋭くなって、

『刺さる』に近づいて行きますよ。

 

 

そう。

『絞り込む』っていう言葉も、

今のマーケットではとっても重要なキーワードになっています。

 

このお話はまた後日。

 

 

 

 

 

 

■お問い合わせはこちらから → 「お問い合わせ」

 

 

 

マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
サービスメニュー
サービスメニュー
サービスメニュー
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた事例
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
メンバープロフィール
メンバープロフィール
メンバープロフィール
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
ワークショップ型コンサルティング
オリジナルアート
オリジナルアート
Japonythmオリジナルアート
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
会社概要
会社概要
会社概要