blog

2015/03/30

[アパレル・マーケティング] あなたは服が「好き」ですか?

クリエイティブディレクターの池見です。

楽しさは楽しんでる人から伝わるものです。

 

 

***

 

 

あなたは、なぜ服を扱う仕事をはじめたのでしょう?

少なからず、服への興味、あこがれ、「好き」という気持ちがあったからではないでしょうか。

 

私の場合、小さい頃、

母がよく服を作ってくれました。

かわいい刺繍が入ったスカートやブラウスが自慢でした。

 

小学生のとき、近所にグランジなお姉さんがいて、

それに憧れたのか、

母にベルボトムのジーンズをねだったことを覚えています。

 

少なからず子供の頃から服に興味があったんですね。

 

 

 

ちょっと見回しただけでも、お店にはたくさんの服がならんでいます。

 

もし、万が一!

あなたがこれらを、形の異なる石ころと同じだと思うのなら、

そんなあなたから服を買うお客様は決して幸せじゃない!って思うわけです。

 

もしそうなら、あなたが扱う商材は、服じゃなくてもいいですよね。

 

 

以前からお話ししているように、

「買う!」のきっかけは

 

『ココロが動くこと』

 

ワクワクする気持ちを受け取ったとき、

その服を着たときのウキウキした気持ちがイメージができたとき、

お客様の「買う!」スイッチがオンになる。

 

伝える側が楽しいから

楽しさが伝わる。

 

作り手が楽しくなければ

楽しさが伝わるわけがない。

 

まず、あなたが楽しむこと。

 

服を作ること、自分たちが考えた服を世の中に出すこと、

その服を着たお客様がうれしそうに歩いていること。

そこに喜びを感じること。

 

決算もあるし、

目先の数字も、在庫のことも、

いろいろあるけど、

原点にもう一度立ち返ってみることも必要だと思うのです。

 

 

もう一度聞きます。

あなたは、服が好きですか?

 

 

 

 

■お問い合わせはこちらから → 「お問い合わせ」

 

 

マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
サービスメニュー
サービスメニュー
サービスメニュー
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた事例
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
メンバープロフィール
メンバープロフィール
メンバープロフィール
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
ワークショップ型コンサルティング
オリジナルアート
オリジナルアート
Japonythmオリジナルアート
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
会社概要
会社概要
会社概要