blog

2015/07/07

[アパレル・ブランド] ブームを文化に

クリエイティブディレクターの池見です。

なでしこ!良くやった!!

 

***

 

なでしこのW杯が終わりましたね。

 

決して恵まれているとは言えない環境でありながら、世界の頂点をかけて戦う姿。

カッコ良すぎます!

 

キャプテン・宮間選手が決勝前にこんな言葉を口にしました。

 

「ブーム」を「文化」に!

 

「ブーム」は一過性のもの。

「文化」は未来の世代まで受け継がれるもの。

 

一時だけ騒がれて、後は見向きもされなくなる。

なでしこを夢見てサッカーを始めた女の子たちにつらい思いをさせたくない…。

そんな気持ちが伝わってきました。

 

近い将来、女子サッカーが日本で文化として根付く。

パイオニアとして頑張ってきた選手や元選手を思い浮かべると、

そう願わずにいられません。

 

 

「ブーム」には波がある。

 

アパレル業界では「ブーム」の波に乗るのは当たり前なこと。

だってトレンド大事だし。

 

デニムが来て、次はチノがきて。その後はカラーパンツ…とか。

西海岸ブームが来たら、次に来るのはプレップ、その次はブリット…とか。

 

当然、西海岸が来たらサーフブランドが勢いづき、ブリットとなればハリスツイードが良く売れる。

そんな波は当然ある。

 

それにうまくのることが、うまく商売をすること。

 

それが正論のように語られてきた。

 

 

 

でも。

 

服を買わない。服が売れない。

 

そんな時代に、

一過性のブームを追いかけた服は魅力的か?!

 

 

ブランドの立ち位置こそが「文化」であるべきだと思う。

未来の世代まで受け継がれる『魂』のようなもの。それがブランドの立ち位置。

 

その立ち位置で、そのポリシーを、服に表現する。

そんなブランドがカッコ良く見える。

 

トレンドはその上にさらりと降りかけるもの。

軸足をもっていかれるものではない。

 

 

 

「ブーム」ではなく「文化」。

 

宮間選手のこの言葉に、

今のアパレル業界の進むべき方向を見た気がしました。

 

マテリカの新しいサービス

「アパレル企画基本メソッド」

をご利用ください。

 

 

title3

 

 

 

 

お問い合わせはこちらから↓

お問い合わせフォームへ

 

マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
マテリカが他社と圧倒的に違う点
サービスメニュー
サービスメニュー
サービスメニュー
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた全事例
マテリカが手がけた事例
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
マテリカがおつきあいしたいターゲット
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
実際に手がけたケーススタディー
メンバープロフィール
メンバープロフィール
メンバープロフィール
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
未来を創造するワークショップ型コンサルティング
ワークショップ型コンサルティング
オリジナルアート
オリジナルアート
Japonythmオリジナルアート
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
お仕事のお問い合わせ
会社概要
会社概要
会社概要